観察日記・6日目(最終日)

高松ステージキッズ、最終日です! 本番発表会の日!

今日もしっかりストレッチするところからスタートです。ストレッチの最後に、イングリッシュ版ラジオ体操も(笑)

そして、頭からシーンごとに動きやセリフの確認をしてから、ゲネプロ。本番通りに最後までやってみました。

昼休み後、開演時間ギリギリまで各シーンを練習。お客さんに観てもらう以上、最後の最後まで手は抜きません。

その頃、ロビーにはお客さんが続々と集まってきていました。

そしてお客さんが会場に入って、開演! 満員御礼!!

みんな、こどももおとなも、がんばりましたー!練習以上に盛り上がりましたよ! そして、たくさんの笑い声を拍手をもらいました。ありがとうございました!

 

 

発表会が終わって、最後のミーティングです。ひとり一言ずつ感想を言っていきます。「すごく楽しかった!」、「楽しいの半分、眠かったの半分」、「筋肉痛で体が痛かった」人。おとなたちも素敵な思い出になったようです。

最後にTJからのメッセージ。何を話したかはメンバーだけの秘密です。

みなさん、おつかれさまでした! ありがとうございました!

観察日記・5日目

さて、5日目です! 本番発表会まであと1日!

朝、昨日まで何もなかった空間に照明やスクリーン、客席ができているのを見て驚いた子どもたち。みんなのための舞台が出来上がりましたよ!

そうそう、今朝の四国新聞に記事が載ったんです。大きな写真とインタビューも一緒に! 盛り上がってきましたねーー!

まずは、みんなでダンスのシーンをつくるところから始めました。輪になって踊ります。まるで盆踊り?

それからいよいよ舞台上でリハーサルです。時折、TJのキビシイ言葉が飛びます。みんな、一生懸命!

一通り最後までお芝居を通してみて、今日は終わり。最後にみんなで輪になって「明日はがんばろう!」と声を合わせました。

いよいよ明日が本番発表会です。乞うご期待!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

高松ステージキッズ・ゆめのまちへきてみまい!本番発表会
8月11日(土)14:00開演 高松国分寺ホール
入場無料(要予約)
090-4783-7303

観察日記・4日目

高松ステージキッズ、4日目! 後半戦に突入!

今日はちょっと涼しいような?
と、高松国分寺ホールにある温度計を見てみると32℃でした。
すでに麻痺してますね……。

さて、今日は、なんと!
TJから“台本”が渡されたのです!
3ページ!!

まずは緊張の読み合わせです。TJの「間違ってもいいから元気に」という言葉とおり、何度か練習するうちに、みんな、どんどんイキイキしてきました。アドリブまで!

そして、台本に従って、シーンを作っていきます。これまでみんなで作ってきたあれやこれが随所にちりばめられています。池の鯉に餌をやるシーンはよりダイナミックに!(笑)

 

ちなみに、今日は四国新聞の記者さんが取材に来てくれました。インタビューも!

そのあとは小道具をつくりました。メダルです。キラーン!

あとは歌の練習をして終了。

ワークショップのあと、おとなたちは舞台の準備をしましたよ。客席を設営したり照明を調整したり小道具をつくったり。

さて、あと2日!

観察日記・3日目

相変わらず今日も暑いです!

3日目はキリコのワークからはじまります。“オノマトペ”を身体で表現します。“ゆうゆうと”歩いたり、“ちまちま”動いたり。

つづいて、チームに分かれて「“ゆ”っくり動く“め”ずらしい“の”り物」を身体でつくってみました。いろんな乗り物ができました……!

歌の練習も。TOYOさんによる歌唱指導で、どんどん声が大きく、のびやかになっていきます!

午後からは、“ゆめのまち”のアイウエオ作文を使って、お芝居をつくってみました。こどもたちからもどんどんアイデアが出てきます!

小道具をつくるチームも。何ができるのか??

発表は盛り上がりましたよ! 思えば、1日目から毎日、ワークショップの最後には発表をしていて、最初はドキドキ緊張していたみんなも、すっかり度胸がつきました。何より楽しそう!! 子どももおとなも一緒になってワイワイ盛り上がります。

さて、ここまで4日間。たくさんの小さなお芝居ができました。

TJ「これをもとにして発表会のための作品をつくります。台本はありません。」
みんな「ええーーー!? 台本が無いの??」

驚いたところで3日目が終了。果たして発表会はどうなるのでしょう?!

観察日記・2日目

2日目です! 今日もやっぱり暑い!

 

今日もまずは、みきゆきによるストレッチから。

ん? 集中しているのかな?(笑)

 

みきゆき「みんなで壁を3cm押そう!」
みんな「ううううーーーっ!!!」

 

みきゆき「今度はステージを1cm動かすよ!」
みんな「くーーーーーーっ!!!」

 

続いては、TJによる名前オニ。昨日約束したオニごっこです。これが、こどももおとなも盛り上がる! ホール内を全速力で走り回りました。みんな、元気だなあと遠くから眺める制作の私です。

 

そのあとは、息を整えてから(おとなの方が時間がかかった)、なおみんによるワーク。2人組になって、片方の人は目をつぶります。もう1人は、目をつぶった人の手をとり、背中に手を当てて、歩けるようにフォローします。目をつぶっている方の人は、自分がどの辺を歩いているのかまったくわからず、パートナーのフォローが頼りです。パートナーは、見えない人が不安にならないようにフォローしてあげなければなりません。でも、最初は恐る恐る歩いていたコンビも、最後には走れるようになったり!

さて、お昼休み。みんなでお弁当を食べます。そして、こどもたちは休み時間いっぱい、名前オニをしていました。元気だ……!

 

午後からは、“ゆめのまち”を考える前に、まずは“自分が住んでいるまち”はどんなまちなのかを教えてもらうことにしました。学校から家までの通学路の地図を画用紙に描きながら、周りの風景や人、できごとを思い出していきます。

 

そして、その“学校から家までの通学路の様子”をチームごとにお芝居にしてもらいました。

 

踏切や歩道橋を渡ったり、神社に寄り道して遊んだり、工事現場の警備員のおじさんに挨拶したり、鯉に餌をやったり、公園で謎の生物を見つけたり。

 

みんなが住んでいる“まち”が、周りの風景や人が、見えてきましたよー!

 

そして最後に歌の練習もしました。「やさしさに包まれたなら」です。舞台監督であり、ミュージカルの先生でもあるTOYOさんが指導してくれました。

 

このとき突然、西日本放送ラジオのラジオカーがやってきて、みんなの歌声が生放送でラジオデビューしちゃいましたよ!

 

ここまでで2日目終了。おつかれさまでした!

ステージキッズ観察日記・1日目

2018年8月6日(月) 1日目

暑い夏! 平成最後の夏! 演劇の夏!

いよいよ始まりましたよー!

 

 

6日間お世話になる高松国分寺ホール!

 

おとなもこどももドキドキの顔合わせです。

 

まずは、総合演出の多田淳之介さんによる自己紹介と企画説明から。ちなみに、ワークショップでは「多田さん」じゃなくて「TJ(ティージェー)」と呼びますよ。

 

そして、輪になって自己紹介をしていきます。呼んでほしいニックネームと、こどもたちには得意なものを教えてもらいました。ダンス、習字、将棋、水泳、パソコンなど、みんな、多才!! 質問も飛び出して、自己紹介からすでに和気あいあいとした雰囲気に。

 

 

TJ「今日は遊びましょう!」 ということで、まずは、みきゆきによるストレッチから。

 

 

そして、遊びの天才・なおみんによるゲームをします。イス取りゲームや粘土になるワークなどなど。最初はちょっと緊張していたみんなの顔がだんだんと笑顔になってきます。ワーッと笑い声があがったり。

 

 

続いて、TJによるジェスチャーゲーム。グループに分かれて、お題をジェスチャーで伝えていきます。最初は簡単だったお題が、どんどん難しくなっていきます。伝える方と見る方。どちらも真剣! 「わかった!」「伝わった!」の瞬間の達成感!

 

休憩中もみんなじっとしていません。ダンス講習会がはじまったり、ジェスチャーゲームのお題に出てきた日本昔話について語り合うグループ、似顔絵を描く人たち・・・。みんな、元気だなあ~

 

続いて、ジェスチャーゲームから発展してお芝居にしていきます。先頭の人だけにTJから伝えられた童話を、チームでジェスチャーを見ながら想像していく、、、!

 

 

最後に、今回のテーマである“ゆめのまち”でアイウエオ作文を作ります。ユニークなものからメルヘンチックなもの、意味不明なものまで! そしてそれを基に、グループに分かれてシーンを作ってみました。

 

 

 

 

 

ここまでで1日目が終了。さて、明日はオニごっこをしようねと約束をして解散しました。